ミルフィーユ・オ・パステーク(201108@トシヨロイヅカ)

今日のスイーツはトシヨロイヅカさんのミルフィーユ・オ・パステークです!毎年恒例!

恵比寿のサロン時代から実は出されている1品。トシを重ねるごとに進化を遂げているようですが、今年は去年と同じバージョンに。

ミルフィーユ・オ・パステーク(201108@トシヨロイヅカ)横からこの高さ

間にスイカを挟んでいるんで、パイと同じくらいの高さですよね。(鎧塚さんのところのミルフィーユ用のパイは結構厚めな気がするので。)

ミルフィーユ・オ・パステーク(201108@トシヨロイヅカ)上から

下にはスイカをエスプーマしたソース。上には沖縄県産の雪塩を使ったアイスということで、すいかにはお塩の法則が成り立っています。

流石にマナー通りの横に倒して食べるほうが、このミルフィーユは食べづらいので、上から下まで実は一刀両断して食べるか、アイスプレートを外して1段ずつ食べていくのが食べやすいかな。

スイカは表面に見える種は事前に取っているので食べやすく、サクサクだけど表面を軽くキャラメリゼすることで水分が移らないようにしたパイ生地と食感があいますね。エスプーマもすいかをとっても感じられるし、箸休め(フォーク休め?)のアイスも甘塩っぱい感じが、またスイカの甘さを更に引き出してきている。

見た目は多分可愛いんではなく、ゴッツイ男っぽいミルフィーユですが、それぞれが合うように裏打ちされた感じに仕上がっていますね。