東京ミッドタウンのお店が4月25日にリューアルや新店舗がオープンします。その中で、トシヨロイヅカさんのお店もリニューアル。焼き菓子コーナーのところにアイスも設置しています。

そして、もう一つの目玉にデセールの進化。新たに調理用の銅板や真空調理器を導入しています。特に銅板は目の前で焼くなど、オーブンとは違った温かいデセールの提供に一役かうことに。
今回1日早く内覧会にご招待いただき、新デセール2品を食べて来ました。

アシェットエクアドル
アシェットエクアドル上から
アシェットエクアドル横から

アシェットエクアドルは、エクアドル産のバナナ、ショコラ、コーヒーを使ったデセール。バナナとラム、シロップを真空調理器に入れて調理し、そのバナナをオーダーが入るたびに銅板で焼きます。一緒にショコラのアイスとともに。

バナナにラムの香りがよく入っていますが、アルコールが強い感じはしないです。むしろ良い香り。また、焼くことで店内にバナナの甘い香りが充満します。それだけでもすごく満足。ショコラもバナナに良い苦味のアクセントで食べられます。トロピカルソースで使っているのマンゴーもエクアドルでは取れるそうですが、今回は別の産地のものです。甘み、酸味、苦味に温度差まで楽しめるデセールに。

ベルギー風パンペルデュ
ベルギー風パンペルデュ上から
ベルギー風パンペルデュ横から
ベルギー風パンペルデュは、ベルギー時代のスペシャリテ。前からやりたかったそうですが、今回ついに提供。というか、まだ隠していた商品があるとはびっくりです。

ブリオッシュの間にスペキュロスをはさみ卵と牛乳につけたものを銅板で焼き、更にオーブンでも焼き、仕上げにバーナーで焦げ目を付けます。(カソナードをまぶしているので。)
こちらはコーヒーのアイスだったはず(メモしてない。。。)。スペキュロスのスパイシーな感じが程よくでていつつ、全体は上手くまとまっています。スペキュロスも元はすごい固めなのに、溶液につけているので柔らかく食べやすい。トラディショナルなものを少し再構成して提供されていますね。こういうの得意だと思うし、お店で出すというのは素晴らしいです。

他に、タルトグラスバニーユ、チェリーとフランボワーズのソース添えも銅板を使ったメニューになるそうです。これは今度食べに来よう。

他に、今日提供されたものは次のとおりです。

ブロッコリーのスープ
現在のアヴァンデセールのブロッコリーのスープ。すごく飲みやすくて苦手な人でも大丈夫。

ケークサレ2種:長芋と野沢菜
ケークサレ2種:長芋と野沢菜上から
ケークサレ2種:長芋と野沢菜横から
六本木でデセール提供をしていないケークサレは長芋と野沢菜。コレが1品目でしたが、ちょうどいい塩味で、食べやすい。

今年はショコラがついにやってくるそうなので、ソレも待ち遠しいです。