マロニエ(201010@FUKU+RE)
今日のスイーツはFUKU+REさんのマロニエです!

鹿児島でやられているお店さんで、通販や最近では都内でも催事ででていますね。(明日も青山でやられているそうです。)伊勢丹の催事で出ていたときに購入したマロニエですが、和栗の渋皮煮とほうじ茶を合わせた蒸しケーキです!

マロニエ(201010@FUKU+RE)ナイフもついてオサレ
マロニエ(201010@FUKU+RE)入れ物もオサレ
ちなみに、御覧の通り、一緒に入っているナイフとかもオサレで、入れ物もポスターみたいで手作り感があって、こういうの好きなんです。

マロニエ(201010@FUKU+RE)切ってみた
で、切ってみるとゴロンと渋皮煮が入っております。この日のものは、栗がとても大きかったらしく、切ったものが入っていたのですが食べ応え有ります。
食感はフワフワした感じで、軽く食べられます。ほうじ茶も程よくきき、渋皮煮の甘さがいいアクセントに。こんなほっこりした感じの蒸しケーキもいいですね。

で、よくよく考えてみたら、鹿児島で蒸しケーキ。材料を見て納得!かるかんなんですね。お店の名前も「ふくれ菓子」からきているそうなので。(材料にかるかん粉が入っているので、かるかんなんだろうなぁって。)伝統的なお菓子が、現在と融合しているんだなぁ、と勝手にしみじみしてしまいました。